サイクリングコースとしての「しまなみ海道」について

お知らせ欄の一番最初でお伝えしました「しまなみ海道」ですが、今回はこの「しまなみ海道サイクリングコース」について、自分自身が自転車に乗らないので、それまで全く知らなかった“サイクリストの聖地”と呼ばれ、多くの旅行者に親しまれている現状をお伝えしようと思います。また驚くべきことに、特に良く見るサイクリストは外国人が圧倒的に多い点です。しかも人種は欧米人、白人、黒人、黄色人種と様々で、結構有名になったことが伺えるので、改めて調べてみました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/本州四国連絡橋#/map/0

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ本州四国連絡橋の中で、もっとも西側になる自動車専用道路として整備されている「瀬戸内しまなみ海道(正式名称:西瀬戸自動車道)」は、自転車でサイクリングしながら縦断しようと思うなら、まず尾道からフェリーで向島に渡り、そこから、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島 など瀬戸内海の6つの島々を次々にサイクリング横断しながら渡って行けます。

新尾道大橋以外は、全ての連絡橋道路が 自転車・歩行者専用道 としての整備がなされていて、これが米CNNが選ぶ『世界7大サイクリングコース』と広く告知され、日本国内では唯一選出されたサイクリングロードとして、まさに国を代表する自転車横断コースになっています。本当に間近で潮風を肌身で感じられる6つの島々は、超絶景の瀬戸内海たっぷり満喫ゾーンです。この海の上を長距離に渡って走り抜ける爽快感、解放感は、まず他ではなかなか味わえるものではありません。瀬戸内(せとうち)の穏やかな海、そこに浮かぶ島々は、まさに “癒し” そのものですし、一生忘れられない心に残る風景となる筈です。

また今年は、既にお伝えしました通り、開通20周年の記念の年ですし、他にも色々イベントが開催されているようです。ぜひ一度、しまなみ海道を自転車でサイクリングされることをお勧め致します。また、ご興味がありましたら、何点かピックアップしましたので下のリンクからイベント内容をご確認いただき、改めて主催者サイド宛にお申し込み下さいませ。宜しくお願い申し上げます。(*^^*)

◼→ http://setouchi-shimanami-yumeshima.com

◼→ https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/howto/shimanami-cycling-guide/

◼→ http://www.cyclo-shimanami.com/archives/2017/06/jyoshitabi.php