エンディングノート

エンディングノート

『終活』の一環である“エンディングノート”とは?

エンディングノートとは、自身が亡くなったときのために備えて書くノートのことです。
「終活」の一環で作成されるノートであり、人生の最期をどう迎えるのか、残りの人生をどのように歩んでいくのかを考えるために書きます。
昔から広まっていたわけではなく、映画による影響で作成する人が増加しました。
似たようなものとして「遺書」や「遺言書」がありますが、これらはあくまでも財産の分配や残された遺族に対するメッセージを書くためのものです。
遺言書には法的拘束力があるという特徴もあります。遺書や遺言書は死期が迫っているときに作成するのが通例ですが、エンディングノートは必ずしも死が近いときに作成するわけではありません。一見、死とは無縁の若い人でも作成する場合があります。
エンディングノートを書く人の中には、死への備えに限らず、自身の人生計画を立てるため、自身の成長に繋げるためを目的としている人もいます。自分自身のためはもちろん、残される家族にも大変役に立つノートとなるコトは確かです。

“エンディングノート”を残す意味


エンディングノートを書いておくことで、残された家族は様々な決め事や手続きを進めやすくなります。体力に余裕があるうちに、身辺をある程度片付けておく「生前整理」の一環でもあり、資産のことや葬儀内容をはじめ、解約しなければならないサービスのことや、供養方法、家族へのメッセージなど、ノートに記入することは様々です。エンディングノートは亡くなる前後に役立つだけでなく、家族にとっては大切な形見にもなります。弊社で紹介する各項目だけでなく、必要と思われる事柄なら何でもご自身で自由に追加・変更することもできます。
ノート全ての項目を埋めることは、なかなか困難ですので、ご自身が大切・必要だと思う項目から、ドンドン自由に書き込みましょう。
私ども増倖が推奨する『エンディングノート』は書き残して置くコトにより、喪主様に、もしくはご当家皆様にとって、色々と取り決めていく“道標”、“指針”になる重要項目と位置付けています。

ぜひ一度、弊社までご相談ください。